小さい赤ちゃんが熱を出すとフロモックスが処方されていました。

赤ちゃんが小さかった頃に、熱を出して病院に連れて行きますと、フロモックスが処方されたことを懐かしく思い出します。

私の赤ちゃんは小さい頃は、本当によく熱を出しました。

そして、熱の度に病院へ行くものです。

赤ちゃんの薬は市販ではないのではないでしょうか。

それは、月齢によって、薬の量が異なるからでしょうか。

とにかく、本の少しの薬だって、家にあるものは使えないので、ドクターの所へ訪ねて行きます。

そして、お熱がある、と相談しますと、先ず処方されますのが、フロモックスだったのです。

小児用ですので、粉のタイプのフロモックスでしたが、飲むのを嫌がったりしなかったという事は、苦くなかったのしょう。

そのため、フロモックスは、飲みやすい薬なのだ、と処方される度に安心していました。

苦い薬を処方された時の大変さはもう、へとへとになるほどです。

薬が苦ければ、赤ちゃんは絶叫し、吐き戻して、泣きわめきますが、それに負けず、チョコレートなどに混ぜ込んで口の中にねじ込むという悲しい事態に発展します。

それが、フロモックスには無かったのです。

しんどい時に、薬が苦くて苦しい思いをさせるのは二重三重に可哀想な事です。

フロモックスは、ドクター曰く、菌を殺す薬だよ、と言っていました。

高熱の時にはまず、フロモックスが処方されましたが、三日分の処方です。

ドクターは、熱が下がったら、もしくは、三日たって治らなかったら、もう一度来てください、と言っていました。

どうやら、何の病気かわからないけれど、熱が出ているぞ、と言う時に、ドクターはフロモックスを処方していたようです。

熱の嵐が通り過ぎて、咳が残ってしまった、などと言ってもう一度、通院しましたら、その時にはフロモックスではなく、他の抗生物質を処方されます。

その時点で、ドクターは何の薬が効くのか見極めて処方しているのでした。

小さな赤ちゃんは、喉が痛い、とか、息が苦しい、など、言葉を発することができませんので、ドクターの所では、先ずフロモックスを使っていたのです。

そのため、フロモックスは何にでも使われるけれども、気管をやられるウイルスには、あんまりだわ、ということが母親には分かってきます。

赤ちゃんが、○○が痛い、と発言できる頃に、別のドクターを受診しますと、喉が赤いから、マイクロイド系の薬にするね、などと言っておられました。

フロモックスは良い薬なのですが、我が家には、マイクロイド系の抗生物質や、大人であれば、キノロン系の抗生物質の方がありがたかったようです。

(大阪府 小枝子さん)

市販のフロモックスの購入はこちら





不眠症対策

みなさんは不眠症をご存知でしょうか?

不眠症は色んな原因から誘発され起こります。

具体的にいえば

興奮したとき脳が活性化し交感神経の働きを抑えることが大切です。

不眠症の種類も沢山あります。例えば一つは夜になってもなかなか寝つけない、寝るまで1時間ほど掛かる、また夜中何度も目が覚める、眠ったはずなのに昼夜眠いなどです。こういったものを睡眠障害といいます。

先ほど紹介した寝つきが悪いのは入眠障害といわれます。これは30分~1時間横になっても寝付けず酷いときは2時間寝れません。これじゃあきついですね。

また早期覚醒というのもあります。これは逆に寝たいのに早く起きてしまうのです。

これは老人に良く見られますが欝や不眠症にもよく出やすいです。睡眠が十分に取れていない状態が続きます。

これらの不眠症を改善させるには副交感神経が重要です。

これは眠れない原因の一つで交感神経の働きが活性化して眠れないのです。

また、コーヒーの飲みすぎ、寝ることを意識的に行うことで寝れない原因にもなったりします。

気持ちを安らげれるような状態へしていきましょう。

交感神経は体を活発に動かすために重要な神経です。

これは眠りは副交感神経が働かないと良質な睡眠をとれません。

わかりやすくいえば交感神経は昼間の神経で副交感は夜の神経なのです。

リラックスを促すためには副交感神経を働かせることがとっても大切になってきます。

当然女性はリラックス状態のほうがお肌にも良いですし心身の安定に大切な要素になってきます。

(福岡県北九州市 あいこさん)

ツムラの抑肝散





ジェイゾロフについて

ジェイゾロフトは、副作用が少なく安全性が高い為、多くの病院で処方される事があります。

抗うつ剤の中でも、効果は弱めだけども、安全性の高い薬ということで認識しています。

また、ジェイゾロフトは男性よりも女性の方が有効性が高いという研究報告もあるので、ただでさえも心配する精神薬ですから女性の方にはおすすめです。

また副作用も他の抗うつ剤と比べると軽く、飲み始めは吐き気などが見られますが、継続的に服用すればその様な症状は見られません。

ジェイゾロフトは神経間のセロトニン濃度を高めることで気持ちの落ち込み等のうつ状態に適応する薬です。

強めの薬は嫌な方にはオススメの抗うつ剤で、眠気や吐き気、体重増加などの副作用も他の薬と比べて少なめです。どちらかというと、下痢になったり軟便になるといった副作用を聞きます。
もともと便秘の方には良いかもしれませんね。

このように他の薬と比べてもいい事ばかりのジェイゾロフトですが、他の薬に比べて悪い点もあります。

性機能障害が出る頻度が他の薬と比べて多く、性機能障害がでては困る方は服用しない方が良いです。

維持量に関してですが、100mgが維持量の為、効果を実感する為には早くても1ヶ月程度かかります。

こういった点もジェイゾロフトの欠点かもしれません。

私としては、仕事をしながら治療したい人や症状が軽度な方、ゆっくり安全に投薬治療したい方にはオススメの薬です。

自分にあった薬に出会い、治療していくことで鬱に勝ちましょう。

(大阪府 MRさん)