デパスで手術前の不安をとってよく眠ることが出来ました

私がデパスを内服したのは、入院をした時でした。

その入院をしたのは、手術をする予定としてしたのです。

最終的には、手術をしないことになったのですが、そのときに不安があって、そのことを医師に話した時、デパスを処方されることになったのです。

入院をしていると、自分の病気のことについて、最悪のことを考えたりして、不安が増強します。

そのため、私も入院している患者さんと同じように、その不安について強くなり入院をして3日ぐらいたった時、不安が強くなったことで、眠れなくなったのです。

そしてその不眠が続くと、余計に不安が強くなってきて、ますます眠れなくなるといった日々が続くようになったのでした。

そして入院をしているにも関わらず、不眠となって食欲もなくなってきたので、そのときにデパスを処方してもらうことが出来たのです。

そのデパスは始めての薬であったので、少しその薬を飲むことについても、怖いような気持ちになっていました。

それは、薬を内服することによって、体の自由が利かなくなるのではないかという気持ちがあったからです。

そのため、一錠の半分だけ飲むことになりました。

すると、ぐっすりと眠ることが出来、そのデパスに付いて、なんていい薬だろうと思ったのです。

そのため、入院をしている間は、そのデパスを毎日半錠だけ内服して、不眠を防ぐようにしていたのです。

その後は、内服をすることもなくなっています。

そしてその効果をはっきりと知ることができたので、デパスは本当に効果が期待できる内服薬であると思っています。

(香川県、あいさん)





PMSがひどかったのでデパスで安眠

PMSがひどかった為、ためしに婦人科にかかったところ、こちらのデパスという薬を処方されました。

私はできるだけ薬の力には頼りたくないと思っていたんですが、背に腹は代えられないため、意を決して病院の門を叩きました。

まず初回の診察ではリーゼという薬を処方されていたんですが、全くと言っていいほど私の場合は効果が感じられませんでした。

何回か飲んだんですが、症状に改善が見られず…。

そのことを2回目の診察の際に先生に相談してみたところ、今度は前のリーゼという薬よりも、少し効き目が強いというデパスという薬を飲んでみる事になりました。

私はそれまで症状がひどい日はなかなか寝付けないことがあって辛かったんですが、これを飲むとビックリするぐらい体の力が抜けていき、眠りにつくまでの時間も一瞬でした。

かなり深い眠りに落ちてしまうので、あまり遅い時間に飲むと朝起きられないと思います。

少し前に職場で同じ薬を飲んでいた子が実際に寝坊しているのを見た事があったので、かなり用心して7時以降は飲まないようにしていました。

体の無駄な緊張と言うか、力んでしまっているところをリラックスさせてくれるような感覚がありました。

薬に依存することは避けたかったため、本当に辛くてどうしようもないような時だけ薬に頼るようにしていました。

最近は症状が改善されてきたため、もう飲んではいないのですが、この薬には困ったときにかなり助けてもらったと思います。

(大阪府 lalaさん)





うつ病になり、デパスを服用しました

今まで色々な薬を服用してきましたが。デパスほど効果を実感できたうつ病の薬はありません。私は仕事の失敗による退職により、過去2年間もうつ病を患っていました。うつ病は、自身では自覚はないのですが、周囲がどんなに励ましても気分が落ち込み何も口を聞かなくなるそうです。

そして、発作のように気分が激昂する事もあり、扱いは大変だったそうです。また、理由の無い緊張感や恐怖が周囲を取り囲み、自殺願望すら出てくる状態でした。

そんな状態を救ってくれたのが、デパスです。
見た目は普通の錠剤なのですが、服用して体感で10分程度で効果が現れ始めます。気分が沈んでいる点はうつ病と同じなのですが、理由のない焦燥感などは消え、まるで水の中にいるかのような落ち着いた沈着さを取り戻す事ができました。

その感覚を表現するならば、集中力のような力が劇的に向上し、焦燥感と緊張で強張っていた体がとても軽くなります。精神的にも非常に楽で恐怖感や先の見えない精神的な状態が大きく改善します。
一度飲むと再び欲しくなってくる点は、禁断症状のようなものなのか、ただ自分が苦しいのかは判然としませんが、その欲求は確かにあります。ですが、それほど強い欲求ではないので、我慢は十分可能です。





デパスを使った感想について

みなさんの中にもこれまでに精神的に不安定になった事がある人は心療科に行ってお薬を処方してもらった事があるかと思います。

その際に多くの方が処方されるお薬というのがデパスだと思います。

それはどうしてかというと、デパスというのは数多くある精神安定剤の中でも比較的効き目が弱い薬で軽いうつの症状に処方されるお薬だからです。

ですから、まだそこまで精神的に病んでいない人に処方されるので多くの方にデパスが処方されるというわけです。

ですが、いくらそこまで効き目が強くないとはいえ認可薬である事に変わりはないです。ですから、このお薬を飲めばかなりうつの症状が軽減されるのは確かです。

それは実際に私がこれまでに病院の心療科に行ってデパスを処方された経験から言える確かな事です。

私はこのデパスという精神安定剤を処方されたおかげで比較的毎日穏やかに過ごせるようになりました。

また、職場でも過度に緊張しなくなったので本当に気の弱い私にぴったりの
お薬だと思いました。

ですから、みなさんもちょっと精神的に不安定だなと感じた時は病院の診療科でデパスを処方してもらうと良いと思います。

そうすれば、きっと多くの方は精神的に楽になると思います。

(鳥取県 きゅうさん)

抗不安薬通販