不眠症は生活のリズムを大きく崩す、大変な病気

以前、ストレスから来るうつ病、不眠症になったことがあります。

不眠症がこんなに大変なものだとは思っていませんでした。

ただ、眠れないだけの症状だろう、と軽く考えていたのですが、この「眠れない」ということがどんなに辛いことで、生活に大きな影響を及ぼすものかを、知りませんでした。

早めに病院へ行き、相談したので早く治りました。

人間の体は、ある意味、毎日「リセット」できる機能を持っているといえます。

たとえ疲れたり、何か強いストレスを感じて落胆したり、不快な思いをしても、この「睡眠」という行動により、それを忘れたり、疲れを取ってストレスを最小限に抑えたりできているのです。

何かあっても、大抵朝起きると、すっきりして、また頑張ろうという気持ちになるのは、健康な証拠といえますね。

しかし、不眠症になると、この機能が狂ってしまいますから、体はいつも疲れたまま、精神的な悩みがあっても、脳や心がリセットしていない状態で過ごさなければなりません。

そうなると、どんどん悪いものが積み重なっていっているわけですから、脳内のストレスホルモンはマックス状態に。

そんな状態で、積極的な考え方や、明るい気持ちを持つことなど、できるはずがありませんね。

そうなると、ひどい人は死にたくなってしまったり、本当に自殺を試みたりします。

そうなる前に、自分が不眠症はひどい、と思ったら、すぐに病院に行くべきです。

薬に頼るのが嫌だ、という人もいますが、なにも一生飲まなければいけないわけではありません。

一時的に薬を飲んで、また正しい睡眠のリズムを取り戻せば、元の健康な体に早く戻れるかもしれませんよ。


睡眠薬なしで眠れるようになりたい

睡眠導入剤を使い始めて3年。睡眠障害はいまだになおる気配がありません。
どうやら、私の睡眠障害は、精神的な問題があるゆえに発症していると言う医師の見立て。
まずはちゃんとした睡眠をとれるようにして、薬を使って眠れるようにして、その中で心の治療もしていこうと、診療所の医師が言ってくれました。

ちょうど今日、1種類薬を減らしたところでした。
この薬を飲まない日があったのだけど、睡眠には影響しなかったという、本当はしちゃいけないのだけど、飲み忘れが何度かあって、
それを医師に話したら、一度1種類減らしてみましょうと応じてくれました。
今は睡眠導入剤を1種類だけ、服用しています。
寝つきが悪くて気づいたら空が明るくなるという日々を過ごすことは無くなりましたが、
今は1日の睡眠時間が4時間しか確保できていません。それが悩みです。
細切れでもいいから、少しでも仮眠したほうがいいのか、それともまとめて眠れるように努力をした方がいいのか。
そして、睡眠障害の背後にある心の問題にもそろそろ真剣に向き合うべきかもしれないと思っています。
睡眠のための薬によって、質のいい眠りを確保できるならばまだいいんです。
だけど、眠ったと言う履歴が残る程度の、質がいいとは言えない眠りばかりなので、その辺はどう対処したらいいのかと悩んでいます。
幸いかかりつけの診療所の医師が睡眠についても研究していてある程度詳しい人なので、私は引き続きその医師と相談して、よりよい質の睡眠をとれるように改善していきたいなと思っています。


不眠症の悩み

心配性で神経質なところがあるわたしは、毎晩のように
不眠症に悩まされています。
寝ようと思ってベッドに入っても、色々なことが頭をよぎり、
結局眠ることができません。
考えないようにすればいいというけれど、考えないように
しても頭から離れないし、それどころかどんどん悪い想像が
広がっていき、目を閉じることさえも怖くなる時があります。
母に相談しても、考えすぎよと言われるだけなのですが、
結局いつも目を閉じてベッドに横たわっているだけで、
眠れずに時間だけが過ぎて行き、いつの間にか少しだけ寝て
朝になっている感じが続いています。
睡眠薬とか薬局にも売っているものなら飲んでも平気かなと
思うのですが、何となく睡眠薬なしで眠れないようになったら
嫌だなという思いと、睡眠薬自体が少し怖い気がして飲むことが
できません。
体が疲れたら眠れるかなと思って休日は運動したりしたことも
ありますが、仕事があるので毎日は続けられないし、いつも眠れて
いないことであんまり体力がないので、運動には向きません。
眠れないときはメールとかをしようと思って、彼氏にメールを
していたら、どんどん思いが溢れて長くなり、翌朝見たらすごく
重い女と思われそうなメールを送っていて嫌われたこともあり、
夜中には携帯は使わないことにしているんです。
不安や心配事がなくなれば寝れるようになるかなと思って自分の
悩みを書き出したのですが、ほとんどが仕事、結婚のことで、
なかなか簡単に片付けられない問題ばかりなんです。
そんなわけで、わたしの不眠症はまだまだ続きそうです。


私の不眠症の体験談

会社でのストレスとセクハラが原因で

不眠症になってしまいました。

どんなに体が疲れていても、

頭が冴えてしまい全く寝付けず

今度は眠れないことにあせってしまい、

かえって眠れなくなる、そんな毎日を送っていました。

夜に暖かい牛乳を飲んで布団に入ると良いと聞き

試してみましたが、効果なし。

スムースな寝つきに良いという夜に搾った牛乳を

買ってきては飲み続けましたがやはり効果なし。

布団に入って目を閉じると

上司から送られてきたセクハラメールや

肩を抱き寄せられたことなど次々と思い出してしまい

気が滅入ったり、イライラしたりで眠れないのです。

3週間ほど、不眠の症状に悩んだ挙句

思い切って近隣のメンタルクリニックに行くと

びっくりするくらい大勢の患者さんがいました。

ちらっと隣の方の問診票を見ると、不眠の文字が。

あぁ、不眠に悩んでいる人って案外大勢いるんだなと

心強い気持ちになりました。

診察の結果、鬱状態にあるといわれました。

メンタルは強いつもりでいましたし

何の根拠もありませんが鬱になんかならない!と

高をくくっていましたので、自分自身にびっくり。

会社をしばらく休みようにアドバイスされました。

不眠に関しては、レンドルミン、ロラメットを処方してもらい

服用を開始しました。

何年かぶりに母乳が出た(副作用です)のには

笑ってしまいましたが、

私にはこの薬が合っていたようで

少しずつですが夜に睡眠をとれるようになりました。

もし、長く続く不眠に悩んでいるような方がいられたら

迷わずにメンタルクリニックを受診するようオススメしたいです。


不眠症を克服しました

今からちょうど1年前。仕事のストレスもあってか、布団に入ってからなかなか寝付くことができなくなり、
やっと眠りに入っても途中で何度も目を覚ましてしまう、という状態が何日も続いていました。

心療内科で相談したところ、睡眠導入剤をいただき、平均して5時間ほどの睡眠をとることができるようになりました。

しかし、なんとか薬に頼ることなく、自然な睡眠を取り戻したいという思いが強くあり、インターネットや知り合いなどから必死に情報収集をしました。

そして、いろいろな人からのアドバイスを受けた結果、皆さんに共通していたのが、とにかく『体を温める』こと。
確かに、私は常に手足が冷たく、時間の余裕もあまりなかったために、夜もシャワーで済ませてしまうことが多かったのです。

体を温めてぐっすり眠るべく、それからは体をとにかく冷やさないことに徹しました。

私が実践したのは、
①夜だけではなく、昼間も薄い腹巻をすること。
②お店でお水をいただくときは、氷無しにしてもらうこと。
③夜は極力時間を作り、お湯を張って首まで十分につかること。
④寝る前には温かいお白湯を飲むこと。
⑤体の内側から温まるように、適度な運動(ヨガ)とウォーキングをすること。

これらを実践していくうちに、本当にいつの間にか、睡眠導入剤に頼ることなくぐっすり眠れるようになっていました。
もちろん、冷えを改善するためにはじめたことではありますが、それ以上に自分の体をとことん優しく扱ったことで、心身が安定して良い睡眠を取り戻せたような気がします。

冷えは万病の元とよく言われます。自分の体をしっかりいたわり、しっかりと温めることで、病気や不眠からこれからも自分を守って行きたいです。


不眠の原因を知ろう

不眠の原因は様々なものがあります。私は仕事上のストレスから起こるものでしたが、不眠の度合いはどんどん強くなってきて、さらには強い目まいが常に起こるようになりました。また、食欲不振にもなりました。

メンタルクリニックで診断してもらった所、うつ病ということが判明しました。普段の仕事スケジュールを話していましたが、これまで当然だと思っていたことが他人の目から見ても働きすぎだということでした。私は社会人になって数年目でまだまだ社会について分からない状態だったので、仕事はこれくらいつらいものだと勝手に思い込んでいました。

その場はとりあえず睡眠導入剤を飲んで、様子を見ようということでしたが全く効き目はありませんでした。どうしても辛くなり、2週間分のお薬を処方されていましたが、1週間後に耐え切れずに病院に駆け込みました。そこで出されたのがリフレックスという比較的新しい抗うつ剤です。

このお薬を飲むとかなり眠れました。これまでの睡眠薬は何だったのかと思うくらいのものです。時間にして6時間くらいは眠れました。しかし、このお薬は人によっては強く眠気が出ることがあるので、要注意です。また、食欲の増加による過食衝動も出てしまうので注意しておきたい所です。

今のところこれが自分に合っているので、これの服用を続けていこうと思っています。睡眠薬が中々効かない方は、抗うつ剤を試してみることをオススメします。抗うつ剤はうつ病だけではなく、不眠症や、片頭痛などに処方されることもあります。


不眠症でしたね。よく眠れるには

最近、眠られないんです。でも、なんの睡眠薬って言われても、分からず、病院にいきました。
うつのお薬も出されましたが、自分でもさっぱりです。取り敢えず、睡眠薬を出されました。
うつの薬より、睡眠薬も効きますね。ハルシオンという速攻型の薬で、なんだか気分がすごく上がったあと、寝てしまいました。
起きたあと、ぼうっとします。これがいやかなあと思いますけど、寝られないと、次の日に手がつかないじゃないですか。
今も飲んでいます。
ハルシオンというと、ちょっと前・・・今もかもしれませんが、犯罪に使われましたね。お酒に入れたり、そういうことがありますが、僕がこわいのは、これをやめてしまうと、逆に眠れなくなってしまうのではないかな、ということです。
本当にですね、飲む回数を自分で勝手に決めない方がいいですよ。
あと、日光に当たった方がいいです。確かにちょっと暗めに考えている人は夜行型、不規則な生活などありますので、外に出て、軽く歩いたりした方がいいです。
また、それに代わるサプリもあるようなので、使用してみるといいと思います。
苛々したり、うつや寝られない原因の一つに不眠は本当に大きいです。たまに場所を問わず、本気で寝ている人もいますが、あれを友人に聞くと、性格が大きいようです。
考えすぎない人、さばさばした明るいタイプの人はよく寝ていますね。効率よく睡眠を使っているのでしょうか。
因みに、市販薬は全く効かないので、内科にかかることをお勧めします。町のクリニックでも大丈夫ですよ。


様々な睡眠導入剤を試してみて

不眠症だと自覚した頃、心療内科に通い、睡眠薬を貰うことにしました。

私の症状として、中途覚醒、と入眠障害があったので、短期型の睡眠導入剤であるアモバンと中間型に位置するロヒプノールをもらいました。

少し豆知識になりますが、アモバンは副作用で味覚障害が現れます。

苦味の副作用ですが、苦味が嫌いな方は避けた方が良いかもしれません。

しかし、ハルシオンより効き目が早くハルシオンが1時間とちょっと位の時間で効き目が現れるのに対し、アモバンは48分で効き目が現れるとされています。

ロヒプノールは入院患者にも利用されるもので、2週間程度の投薬治療を行い短期間での治療をすることが望ましいとされています。

それ以上連用してしまうと、効き目が無くなってきます。

また、海外旅行でロヒプノールをうっかり持ち込んでしまうと麻薬扱いされてその場で逮捕されるので気をつけましょう。

本題の処方されたお薬ですが、中途覚醒に対しては全く効きませんでした。

次の時にこれでは中途覚醒に効かなかったと伝えると、長時間型の睡眠薬であるベンザリンが処方されました。こ

れで、大体の方は治るらしいのですが、私の場合は全くと言って良いほど効きませんでした。

結果的に、抗うつ剤が処方されることになりました。

デジレルというお薬ですが、睡眠導入剤代わりに使えるらしく、早速試してみましたが、これまた効かずで困りました。

現在も不眠に悩まされておりますが、どう解決しようかと模索中です。


不眠症と診断され睡眠薬を処方しています

私は2年まえに脳出血を起こし長期入院をしました。

幸いにも後遺症もなく無事に退院できましたが、それから夜眠れなくなってしまいました。

脳の病気のせいだと勝手に判断し次第に眠れるようになると思っていましたが、症状は日に日にひどくなりとうとう夜も昼も眠れなくなってしまったのです。

寝ようと思っても全然眠気がきません。身体はだるくなり顔色も相当悪くなったのでしょう。

会う人に心配される始末です。

一番困ったのは車の運転です。

何度も事故を起こしそうになり外出するもの怖くなってしまいました。

とうとう引きこもり状態になりひとに会うことも怖くなってしまいました。

家族も心配しやっと精神科の不眠外来を受診することにしました。

精神科なんて行ったこともないしなんだか怖いイメージでしたので不安でいっぱいでした。

ところが病院は新しくてきれいで女性がいっぱいいました。

まるでサロンに来ているようです。女性誌がたくさんあって、いい香りの待合室でちょっと安心しましたね。

先生も看護師さんもとっても優しくしてくださり、今までの辛い症状を話すと安心したのか号泣してしました。結局不眠症と診断されてお薬をいただき今はぐっすりと眠れています。

ちょっと薬に慣れてきて、少しずつきつい薬に変えてもらおうかお願いしているところです。

一緒に精神安定剤もいただいています。

これで車の運転も楽になりました。

精神科なんて敷居が高いと思っていましたが、通って良かったですね。