デパスで手術前の不安をとってよく眠ることが出来ました

私がデパスを内服したのは、入院をした時でした。

その入院をしたのは、手術をする予定としてしたのです。

最終的には、手術をしないことになったのですが、そのときに不安があって、そのことを医師に話した時、デパスを処方されることになったのです。

入院をしていると、自分の病気のことについて、最悪のことを考えたりして、不安が増強します。

そのため、私も入院している患者さんと同じように、その不安について強くなり入院をして3日ぐらいたった時、不安が強くなったことで、眠れなくなったのです。

そしてその不眠が続くと、余計に不安が強くなってきて、ますます眠れなくなるといった日々が続くようになったのでした。

そして入院をしているにも関わらず、不眠となって食欲もなくなってきたので、そのときにデパスを処方してもらうことが出来たのです。

そのデパスは始めての薬であったので、少しその薬を飲むことについても、怖いような気持ちになっていました。

それは、薬を内服することによって、体の自由が利かなくなるのではないかという気持ちがあったからです。

そのため、一錠の半分だけ飲むことになりました。

すると、ぐっすりと眠ることが出来、そのデパスに付いて、なんていい薬だろうと思ったのです。

そのため、入院をしている間は、そのデパスを毎日半錠だけ内服して、不眠を防ぐようにしていたのです。

その後は、内服をすることもなくなっています。

そしてその効果をはっきりと知ることができたので、デパスは本当に効果が期待できる内服薬であると思っています。

(香川県、あいさん)





PMSがひどかったのでデパスで安眠

PMSがひどかった為、ためしに婦人科にかかったところ、こちらのデパスという薬を処方されました。

私はできるだけ薬の力には頼りたくないと思っていたんですが、背に腹は代えられないため、意を決して病院の門を叩きました。

まず初回の診察ではリーゼという薬を処方されていたんですが、全くと言っていいほど私の場合は効果が感じられませんでした。

何回か飲んだんですが、症状に改善が見られず…。

そのことを2回目の診察の際に先生に相談してみたところ、今度は前のリーゼという薬よりも、少し効き目が強いというデパスという薬を飲んでみる事になりました。

私はそれまで症状がひどい日はなかなか寝付けないことがあって辛かったんですが、これを飲むとビックリするぐらい体の力が抜けていき、眠りにつくまでの時間も一瞬でした。

かなり深い眠りに落ちてしまうので、あまり遅い時間に飲むと朝起きられないと思います。

少し前に職場で同じ薬を飲んでいた子が実際に寝坊しているのを見た事があったので、かなり用心して7時以降は飲まないようにしていました。

体の無駄な緊張と言うか、力んでしまっているところをリラックスさせてくれるような感覚がありました。

薬に依存することは避けたかったため、本当に辛くてどうしようもないような時だけ薬に頼るようにしていました。

最近は症状が改善されてきたため、もう飲んではいないのですが、この薬には困ったときにかなり助けてもらったと思います。

(大阪府 lalaさん)