不眠症対策

みなさんは不眠症をご存知でしょうか?

不眠症は色んな原因から誘発され起こります。

具体的にいえば

興奮したとき脳が活性化し交感神経の働きを抑えることが大切です。

不眠症の種類も沢山あります。例えば一つは夜になってもなかなか寝つけない、寝るまで1時間ほど掛かる、また夜中何度も目が覚める、眠ったはずなのに昼夜眠いなどです。こういったものを睡眠障害といいます。

先ほど紹介した寝つきが悪いのは入眠障害といわれます。これは30分~1時間横になっても寝付けず酷いときは2時間寝れません。これじゃあきついですね。

また早期覚醒というのもあります。これは逆に寝たいのに早く起きてしまうのです。

これは老人に良く見られますが欝や不眠症にもよく出やすいです。睡眠が十分に取れていない状態が続きます。

これらの不眠症を改善させるには副交感神経が重要です。

これは眠れない原因の一つで交感神経の働きが活性化して眠れないのです。

また、コーヒーの飲みすぎ、寝ることを意識的に行うことで寝れない原因にもなったりします。

気持ちを安らげれるような状態へしていきましょう。

交感神経は体を活発に動かすために重要な神経です。

これは眠りは副交感神経が働かないと良質な睡眠をとれません。

わかりやすくいえば交感神経は昼間の神経で副交感は夜の神経なのです。

リラックスを促すためには副交感神経を働かせることがとっても大切になってきます。

当然女性はリラックス状態のほうがお肌にも良いですし心身の安定に大切な要素になってきます。

(福岡県北九州市 あいこさん)

ツムラの抑肝散